ファンタジー小説を読みながら「自分のもつ望み」を考える

頭が少し疲れたので、ファンタジー小説を読もう。……と完全なお気楽モードでお話を読んでいたら、自分の望みについて考え込んでしまった。というおはなし。

久しぶりに荻原規子さんの書いた本を読んだ

荻原規子さんの書くおはなしは、和製ファンタジーとでもいうべき世界観。そこには、見えない世界とまじりあう現実を生きる人の姿がある。目に見える現実だけでなく、見えないものをかすかに感じ取りながら暮らす世界。

その世界観が好きで、たまに読みたくなる。 年明けからしばらく荻原さんの書いた本を手にしておらず、久しぶりに読んだ。久しぶりだったからか、なかなか本を閉じることができない。電車移動中にも、もりもり読んで、あっという間に読み終えた。

今回読んだのは、「あまねく神竜(しんりゅう)住まう国」。
伊豆へと流された少年期の源頼朝が、伊豆に根を下ろしていく姿を描いたおはなし。

そこで、とあるシーンでのことばに。ぐっときた。目が止まった。衝撃を受けた。

そなたが今、本当に望んでいることは何かね。いろいろ見失っているようだが、そなたに足りないのはもっと自分自身について考える力だよ。だれかのためとごまかすのではなく、そなた自身のために抱く、切なる望みがいえるかい。

荻原規子 作「あまねく神竜(しんりゅう)住まう国」より

これは、とある年長者が頼朝に向けてかけた言葉。
命を狙われていた頼朝が、いまの状況から抜け出したいと願い、年長者の話を聞きに行く場面でのことだ。

さて。困った。この言葉を見て、「いろいろ見失っている」心あたりがありすぎるわたしも考え込んだ。

「わたしが今、本当に望んでいることは何か」と聞かれたときの答えとして、「わたしは、〇〇をしたい」というのも、答え方のひとつだ。

「わたしは、〇〇をしたい 」と答えるとき、〇〇にあてはまることばを思いつくのは、それほど苦にならない。小さな、身近なものであるならば、いくつか思いつくことがある。

けれども、「わたし自身のためにもつ、切なる望み」をわたしは思いつかない。
だれかのために持つ望みではなく、わたしがわたしのために持つ望み。
そういった望みを、わたしは持っているのだろうか。

お話の中で頼朝も「衝撃を受けて」考え込んでいた。
(自分に望みがないなら、わしはわしという人間でなくてもよくなる……)と。考え込んだ後、自分の感情が揺れた瞬間のことを思い出しながら、ある望みを答えていた。「実現可能だとは思われない」と感じている望みを、自分の本当の望みとして告げたのだ。

わたしが、わたし自身のためにもつ切なる望みがいえないこと。これは、じぶんの持つ望みの実現法が分からないから、と。はじめから望みがなかったことにしてるのかな。

自分のもつ望みが「実現可能だと思えないから」意識の表面に浮かんでこない。少し意識の表面に出てきたとしても、気づかない。

では。

超人的な。思いもよらないことがおきて。なんでもかなうのだとしたら。
わたしは何を望むだろう。

……そのように、おおげさにとらず。もっと。力を抜いて。
小さな、身近な。ささいな。望みを積み上げていけば、おのずと「自分の望み」がみえるのだろうか。

もしかすると。
自分のもつことばの使い方と違った表現に戸惑っているだけで、ほんとうは「自分のもつ望み」をわかっているのかもしれない。

それでも、「今、本当に望んでいることは何か」と聞かれて、こたえに詰まることは確かなこと。

ふいに、聞かれても答えられるだけの用意ができたとき。

その望みはかなう。


0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました