自分とつながる。内にある感触を知る

あした、新月。夜の空の中に、おつきさまがいない夜。新月の夜は暗さが増す。見える景色が暗いと、夜はしずか。自分の内側にある感触を感じ取りやすい時期。

今は、もう電気のあかり、あかあかと光る夜だけれど。身体の内側に残っている感覚は、まだ昔のままのこる。

だから、新月の前は、自分の内側の感触を感じ取りやすい時期。

この機会に、自分とつながってみよう。感じてみよう。自分の内側と話してみよう。

暗いと、怖い考え、ネガティブな自分と向き合うかもしれない。けれど、それもよし。そこにいるんだね、と確認して、おはなししていく。

もしかしたら、言葉になれないものがはいっているかもしれない。無理に言葉にせず、内側で動いている「自分のかたち」を感じ取る。

心臓の音が聞こえて、薄い皮膚がぴっぴと脈打っている、自分の身体を確認する。自分の手のひらで、身体の皮膚に触れて、ここにある「わたし」をいたわる。

暗さは、不安もあるけれど、やすらぎも連れてくる。

しっとりと、おだやかな夜。夢の中で、はなしを知るのもいい。

地球と太陽の間に、月が入っている頃あい。月のリズムで暦を刻むと、月のはじまりに当たる日。

はじまりの日をむかえる前には、終わりがある。終わりがあるから、はじめられる。

そうだとしたら、何を終える?

終わりをイメージできない時は、はじめたいものをイメージする。

はじめた自分は、どんな風になっていく?
何をやめて、何をして。そうなっていった?

なりたい、わたし。こうなっている、わたし。
理想で、未来に居るわたし。

先に居るわたしから、今ここのわたしに届く声を聞く。そして、先に待っている「ひかりある感触」を自分の中にとりこんでいく(インストール)。

わたしにとっては、これが「自分とつながる」こと。こころの底につながっている、広くて深い感触を信じて、先に居るわたしからの声を聞く。

直接、言葉でつながれないなら、道具を使ってもいい。わたしの場合は、カードと自動書記(イメージライト)。カードやことばをきっかけに、内側をぐるりとひとまわし、ながめる。身体の感触を感じ取る。

キャンドルのあかりもいいかもね。揺れる炎を見つめながら、自分の呼吸を感じ取る。

または。今、外に見えている風景を確認すればいい。
わたしが、今見ている景色、置かれている様子、そこに、何を思い、何を感じているかを書き出していく。書き出したものは、わたしの内にある風景。こころの景色。

こうして、今のわたしを知って、終わりを決める。
そして、はじまる。行き先を決める。

行き先を定める

そんな、夜にしたいと思った「新月の夜」。

静まって、内を感じ取る。自分とつながる。内に動くものを知る時間。

—–

⇒ カードリードをしています。ご予約時に「カードリード希望」とお知らせくださいね。

【お誘い】新月の夜のオンライン朗読会
カウンセラーでもある宮本朋世さん。新月の夜には朗読会をされてます。しっとりと眠りの世界へ、そしておだやかな夜を。

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました