バレンタインだから、ちょこっとチョコの効果

バレンタインがやってきた。この時期だからこそ、いつもは買えないお店のチョコレートが出回っている。チョコレートを集めて販売している催事場は、とにかく混み合うからと遠巻きに見ていた。けれど、やはり。今日になって、どうしても行きたくなった。

だって、わたしはチョコレート大好きだから。チョコレートも、ハイカカオのものが好き。苦しぶいかんじで、ふっとカカオのにおいするのなんて、最高。けれど、濃厚で甘いチョコレートもいい。ああ、どっちにしたって、チョコレートが好きだ。

◆ちょっと小話。チョコレートの効果

チョコレートは、とある研究によるとうつを抑える効果と不安を抑える効果があるという。うつ傾向が強い人は、自分でそうと意識しないうちにチョコレートをせっせと食べているらしい。わたしも、うつっぽくなってきたら、よくチョコレート食べていた気がする。

それに、チョコレートを食べると、さびしさやかなしみといったネガティブな気持ちが和らぐ効果もあるらしい(ただし、その効果は3分程度)。>>出典:「バレンタインデーだしチョコについて調べたら、マメ知識を手に入れた。【カカオだけに】 」より

そう思うと、繁忙期にチョコレートを食べたくなるのは、本能的なものかもしれない。

//チョコレートは、わたしにとって繁忙期のおとも。始発終電でのりきっていた繁忙期も、チョコレートさえあれば、なんとかなると信じていたころもあった。いつも、机のうえにチョコレートが大きな袋で置かれてあった。急ぎの仕事を年度末に持ち込む人が貢物として、よくチョコレートを持ってきてくれた。頭がぱんぱんになったチームメンバーが、チョコレートを狙いにわたしの机に集まってきていた。それも、今はむかし。//

今日買ったチョコレートは、夫に渡すもの、差し入れに使うもの。2件分。自分用には、何を買おうか。会場内をふらふらとさまよう。

悩んで出かけた割に、すぐ買えた。尾道に行ったときに食べて、美味しいねと言ってた「USHIO CHOCOLATL(ウシオチョコラトル)」さんが会場にあったので。あっさりと、差し入れ用のチョコを数種類購入。

自分用には、会場に出ていたクレマモーレさんのジェラートを。チョコレート2種類とピスタチオとで、3種のジェラートをカップにつめてもらう。イートインで、ちまちまとチョコの薫りにうっとりしながら、食べた。これで、今年のバレンタインは終わり。

うっとり、おいしいチョコレート。

さて。来年はどこのチョコレート食べようか。

チョコレート受け取った夫はどんな顔するだろうか。覚えてるかな、尾道で食べたチョコ。 ちょっと、たのしみ。

そんなこんなで、今年のバレンタインの日が終わる。

(番外)妹のところでは「愛の押し売り」をしたという。照れ屋さんな妹夫婦らしい、バレンタイン。

毎年恒例の、チョコレートケーキは妹作。まだ、妹夫婦がおつきあいをしていた大学生のときに、はじめてプレゼントしたチョコレートケーキを、毎年、同じレシピで作成中。

大学生の頃に妹のケーキ失敗作?の味見したこと思い出して、なつかしくおもいつつ。もう、あれから20年以上、おなじレシピで作られたチョコケーキをふたりや家族で食べている、妹たちを素敵だなとうらやむ。

そんなバレンタインも素敵だね。

7+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました