魔女から女神へ。心の奥は知っていた。

魔女の変身イメージワークが、以前から、どうにも苦手だ。 傷ついていた女性性を癒すイメージワークと言われるから、苦手意識を持ってしまうのか、途中で寝てしまう。意識が消えてどこかになくなってしまう。

イメージワークの途中で寝てしまうのも、意識が途中で消えてしまうのも、まだそれを受け入れたくない・わかりたくないという無意識の抵抗だという。

だから、魔女の変身イメージワークをし始めて、ふと気づいたら「目を開けてください」とイメージワークを終える声が聞こえるようなわたしは、まだまだ女性性や女神性を受け取りづらいと思われる。

お弟子講座の第6講2日目はイメージワークの日(周回遅れで振り返り)。そこでまた「魔女の変身イメージワーク」をした。

イメージワークは、決まりがあるわけではない。こうなるのが正解という形があるものではない。イメージを誘導していく人の声に沿って、最後まで、自分がイメージのままに意識できていなかったとしても、心の奥底(潜在意識)では癒しが進むから大丈夫。

それでも自分がどういった景色を見ているのか知りたいのが信条。

(そういえば、ヒプノセラピーを受けた時、全部、見たいと言って録音させてもらったこともあった。やっぱり、わたしは「知りたい」んだ。思い出しておかしくなった)

今回は、どこまで起きていられるか。何を持って帰れるか、たのしみにイメージワークに参加する。

魔女の変身イメージワークが始まった。師匠の声にあわせて、イメージの中にもぐっていく。

森に入って、魔女の住む小屋に遊びに行って、魔女と手を取って小屋を出る。そして、ふたりで空を飛んで……ここで、わたしの意識が消えた。

次にわたしの意識が戻ったら、目の前に女神さまがいた。女神さまの姿はとっても美しい。

すっと白くて長いローブを着て、頭に花かんむりのせたナイスバディな人。黄金の後光が差していて、耳がうっすらとがっている、エルフさんみたいだった。緑の植物の杖を持っていて、つるのようなものがもりもりと周りへと生えていく。そうだ、昔見た北欧神話のフレイアのかたちに似ているかもしれない。

……そして、イメージワーク終わり。今のわたしへと意識を戻す、意識が重なる。

今回の「魔女の変身イメージワーク」は、「自分の偉大さを受け入れる」ワークとして使われた。

デモセッションの時間の中で悩みを口にし、自分で自覚して、イメージに身をゆだねて、デモセッションの時間を終えた弟子仲間さんは、ふんわりと柔らかな表情をして、わけがわからないと泣き笑いをしていた。その顔が印象に残った。

わたしも、あんな風に。やわらかな自分に戻れたかな。どうかな。

イメージワークが終わる、ぎりぎり、最後で。女神さまの姿を見ることができた今回。
わたしは以前に比べたら自分の内なる女神性を受け取る準備はできつつあるのだ、と理解する。うん、がんばったね、わたし。

そのデモセッションの時のようす。師匠が記事にしてあるのが、こちら。
自分のおなかに手を当てて、内なる女神さまに会いに行くイメージワークのことが、書かれてある。

自分の偉大さを受け取ることでしか、慢性的な問題は癒せない」 という。

私にとって、慢性的な問題は 「超感覚への負い目、不安」「人との適正な距離をもてない(恋愛もしくは愛着の暴走)」。
これらも、あの女神性を受け取れたなら、癒されていくのか。そう思うと、実に暗示的な女神さまの形を見たものだ。

北欧の女神フレイアは「性愛(豊穣)」「戦い(死の国)」のかみさまともいわれる。そして、妖精たちをたばねるものでもあるという。それに、耳のとがったエルフ。人と自然をつなぐ役割、世界樹の元にくらす人に似て人と異なる種族。わたしは、自分で自分のことを、そうみてるのか。

「そうなのか。これが真実の自分の姿なのか。こんなにも偉大なんだ」という風にただ思っておくことがいいと思います。
それが腑に落ちた瞬間に、先ほど書いた「雷に打たれたような衝撃」などを味わうんだろうと思います。

わたしの潜在意識が、わたしが意識できるような形や名前を使って、あの女神の姿を見せたとしたら。どうにもぴたりと来ていて、ぞっとするくらいに、たのしい。

腑に落ちた瞬間は、いつやってくるか。たのしみにまちつつ、日々のわたしのやりたいことをおいかけていく。

自分の「女神性」感じるのも、いいね。
たのしそうな像を見て、そっちへ向かう。

弟子仲間なゆうこさんが、自分の内なる女神様よろこばせるプロジェクトとして、自分に指輪を買っていた。

わたしは、花かんむりでも見つけてみますか。杖と魔法の指輪っぽいものはもう持っているし、耳はとがってきそうにないから。

杖からもりもり緑があふれてた

4月のカウンセリング、受け付けています。
潜在意識へのアクセスのお手伝い。ご要望あればカード引きでのカウンセリングもします。お申し込み時にお伝えください。

(イメージワークは、対面の時に必要だと判断した場合のみ、ご相談の上で行っています。ご了承ください)

6+
タイトルとURLをコピーしました