ご相談◆片思いの恋と、自分を大切にすることへのお返事

Cさんが片思いしている恋、そのものは大切にしたまま。それ以上に素敵な恋や愛が現れることと、ご自身の魅力を信じてみてはいかがでしょうか。

Cさんは、苦しいとしても素敵な恋愛をされたのだな。そのようすが素直で、すっとこちらに届いてくる。うらやましいなと思って読みました(つらい気持ちを持っているのに、うらやましいなんて、ごめんなさい)。

こんにちは。
ご相談させていただければ幸いです。

私には片想いしている人がいます。
追って追って頑張って、かつてはっきりともう連絡できないと振られました。
そこから本当に死にそうになりながら忘れる努力をしてきましたが、先日元気かだけ聞かれるやりとりがあり、その後はスルーされてます。

これをきっかけに、私はまだこの人を諦められていないと気づき、また、諦めたくないと思ってることに気づきました。

この恋はつらくてつらくてたまらないことばかりでしたが泣きながら生き抜いてこれまでの自分の努力も涙も精一杯恋愛したことも忘れたくないのだと思います。

素直になることは簡単にできます。
けれど私が素直に気持ちを書いたら下手したら着信拒否されると思います。
もともと誠実さを感じる人ではありませんでした。

自分の愛情深さも素直さもこの人の前では短所になってしまい、我慢して連絡しないことが一番かと思うとなんだかなと思います。

私ほど思える人はいない、長く思えば通じると思っている自分もいて、どうしても諦められません。

恋愛した数が少なくて初めて心から好きになった人と結婚したいという願望があり、また、少し潔癖なのか、他の人との経験を増やしたくありません。

私はなにを大事にしたくて苦しいのにほとんど見込みのないこの恋の中にいるのでしょうか。

連絡先を消してもそこから体調が悪くなるくらい何かを忘れたくない自分がいるみたいなのです。

自分を大切にするってなに?
自分の気持ちに従ったら、告白してしまいそうです。でも無視されて傷つくのはわかってる。
自分の気持ちや欲望を大切に素直に動くことと自分を大切にすることは違うのですか?

ブログを拝見し、苦しい状況や短所さえも才能に見てくれる姿勢に勇気をいただき、ご相談させていただきました。

取り止めのない文章ですが宜しくお願い致します。

忘れられない恋、って素晴らしいと思う

そのお相手さんのことが、まだとっても恋しいと、Cさんは思っているのですね。

> 泣きながら生き抜いてこれまでの自分の努力も涙も精一杯恋愛したことも忘れたくないのだと思います。

これほどに思える恋、たぶん、なかなかできない気がします。だから、あきらめられないなら、無理にあきらめなくていいのではないか。まだ、好きでいていいんじゃないか。忘れられないほどの恋って、素晴らしい。わたしは、そう思います。

恋しい気持ちと、経験したことは別のもの

> 私はなにを大事にしたくて苦しいのにほとんど見込みのないこの恋の中にいるのでしょうか。

この答え、すでにご自身で知っていますよね。
「泣きながら生き抜いてこれまでの自分の努力も涙も精一杯恋愛したことも忘れたくない」から。

Cさんは、恋愛したことと、頑張ってきた経験を、ひとつのものと感じているようにみえました。

恋愛したことと、頑張ってきた経験は、別のものではないかとわたしは思うのです。

片思いの恋を、失敗したとかダメだったとか、責めていませんか。
片思いをやめようとしてやめられないご自分を、責めてはいませんか。

自分ができなかったことや、がんばれなかったことを責めていると、人は自分の魅力や素敵な部分に気づきづらくなってきます。

だから、自分ができていたことは、もっとほめてあげればいい。

Cさんは恋をして、泣きながら生き抜いてきた。努力もしたし、忘れられないほどの恋をした。

そんな自分を、よくやったとほめてあげませんか。
「がんばったね、わたし」とねぎらってあげてくださいね。

ご自身の魅力をもっと信じる

> もともと誠実さを感じる人ではありませんでした

というお相手さんだし、

> 追って追って頑張って、かつてはっきりともう連絡できないと振られました。

それなのに、なぜCさんはその方にこだわっているのでしょうか。

その人以外に、Cさんが恋に落ちる相手は、もうでて来ない。と、Cさんご自身が思い込んでしまっているように見えるのですが、いかがでしょうか。

「愛情深さも素直さ」もあると知っているCさん。女性としても魅力的で、やさしい方なんだろうな。そして、情熱的でもあるから、つい目でおいかけてしまうような女性なんだろうな。

そんなCさんだったら、もっと素敵な恋がこの先、待っているとわたしは思います。
もっと、ご自分の魅力に自信をもってもいい。と思いますが、いかがでしょう。

Cさんは、ご自分が魅力的な女性であると、知っていますか。理解していますか。

ご自分の素敵なところ、魅力的なところを、ひとつひとつ、数えてみませんか。
ノートに、ご自身の素敵なところ、女性としての魅力を書き出してみる。

そして、もっとCさんご自身の魅力を、Cさんご自身で信じて欲しいと思いました。

それほどに魅力的なCさんなのだから、愛情も素直さも、まるっと受け止めてくれる男性。
きっと、他にも居そうな気がするのですけれど……

心から好きな人、ってどんな人?

Cさんは「心から好きな人と結婚したい」と、考えられているとのこと。

心から好きな人って、どんな人ですか?
その方に、どんな風に愛されたいですか?

たぶん、Cさんはご自分の心の奥で知っていると思うのです。どんな相手が理想なのか。

具体的なイメージを、ノートなどに書き出していってください。読み返したときに、ご自身の思うところがはっきり見えて面白いですよ。

>>書き出すときは「理想のパートナーはどんな人がいい?」の記事が参考になりますよ。

そして、ご自分が理想としているお相手はどんな方であるか、自覚できれば恋愛センサーの感度も上がります。センサーの感度が上がったら、恋に落ちた実感や恋が育ちそうな気配により敏感になれる。気づいたら、そこにより素敵な恋があると、わたしは思います。

自分を大切にするとは

自分を大切にするとは、自分を「大切な友達」であるようにとりあつかうことではないか。
最近のわたしは、そう思っています。

大切な友人やカウンセリングに来てくれた方になら、「大丈夫だよ。できてるよ。落ち込むことも仕方ないくらいのことだから」と言えることも。わたし自身のことになると、つい責めたりダメ出ししていることもあります。

> 自分の気持ちに従ったら、告白してしまいそうです。でも無視されて傷つくのはわかってる。

もし、これが。Cさんにとっての「大切な友達」が話してくれたことだったら、なんと声をかけてあげたいでしょう。それが、Cさんが「自分を大切にする」ことの、ひとつの答えになるかもしれません。

人によって「大切な友達」にすることは、違います。わたしの場合、「大切な友達」には、しあわせに笑っていて欲しい。悩みを話せるときが来たら、本音でざくりと話をしてほしい、と思っています。

その時々、状況によっても自分を大切にする内容は変わってくるように、わたしは思っています。

感情の自由、行動の心地よさ?

>自分の気持ちや欲望を大切に素直に動くことと自分を大切にすることは違うのですか?

自分に素直であること。自分を大切にすること。
ほとんど同じような気もするけれど、感情と行動との違いがあるように、わたしは思っています。

素直であるのは、自分の感情が自分にとって自由である(制限されない)こと。
大切にするのは、自分の行動が自分にとって心地よい(自由?)であること。

例えば、自分の気持ちや欲に素直にふるまって、自分のいるコミュニティでつらい目に合うなら、心地よくない。そうなると、自分に素直である割合は高いけれど、自分を大切にする割合は少し低くなる、とわたしは思うのです。

出来れば、自分に素直であることも100%、自分を大切にする割合100%をやってみたいけど……たぶん、わたしには無理そう。

今のわたしにとって、どの割合で過ごすことが良さそうか。
あれこれ試しながら、自分に素直であることと、自分を大切にすることのバランスを取っているように感じています。

(これが、Cさんの聞きたかった内容にかすっているといいのだけれど)

Cさんの魅力で、より素敵な恋を

Cさんはとてもやさしくて、情熱的で。魅力的な方だと思います。その魅力を、外に出すのをこわがっているようにも、感じました。

>苦しい状況や短所さえも才能に見てくれる姿勢に勇気をいただき

そんな風に、わたしを見ていただけたこと嬉しく思います。ありがとうございます。

心の世界は、鏡写しの世界です。Cさんがわたしに「 苦しい状況や短所さえも才能に見てくれる姿勢 」を見てくださったなら、それはCさんのなかに在るものです。

きっと、Cさんはこの恋で、ご自身の魅力に磨きをかけたはず。苦しい状況のなかでも「わたしは、これなら大丈夫」とか「こんなことできる、わたし、すごいな」とか。あれこれ感じたと思います。

それらの全てが、Cさんをより魅力的にしてゆきます。その魅力を、もっと解放して。より素敵な恋に落ちることができますように願っています。

自分の魅力を信じてたつ

▼自分の魅力をノートに100個書き出すこと、わたしも先日やってみました。そのときのこと。


他の方からのご回答も聞いてみたいとき。自分とよく似たお悩みの方の様子をみてみたいとき。ココロノマルシェのご利用はいかがでしょうか。

ココロノマルシェでは、複数のカウンセラーさんが回答してくれます(無料相談所です)。みな、カウンセラー根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーやコーチ達です。


もし、このブログ内でのご相談でよければ「ブログでの無料相談を送る」ボタンを押して、メッセージをお送りください。わたしなりに、お返事を大切に書かせていただきます。


※有料にはなりますが、通話などでのカウンセリング(おはなし、相談)のご準備もしています。文章だけでは物足りない、話してみたいご希望がでたときにご利用ください。

ご予約は「カウンセリングを予約する」ボタンを押して、フォームよりご入力ください。

0
タイトルとURLをコピーしました