ご相談◆離婚したい、親権欲しい、子供と幸せに暮らしたい。不倫相手と幸せになりたい。 へのお返事。

本ブログの相談フォームから、 ココロノマルシェにて近況報告されているRさんよりメッセージをいただきました。

ココロノマルシェに『離婚したい、親権欲しい、子供と幸せに暮らしたい。不倫相手と幸せになりたい。都合よすぎるかな?』で近況報告しています。もしよかったら、何かわたしの文を読んでアドバイスなどあれば、お願いいたしますm(._.)m

……ということで本来は「お弟子さん制度」卒業生からお答えすることになっているココロノマルシェですが、このご相談へのお返事を書かせていただきます。

W不倫ばれ→ココロノマルシェで相談→アドバイス→現在不倫相手に(執着手放し)×中です。

離婚を望むも旦那、子供が納得せず、財産分与のこともあり、なかなか踏み切れず。
それが、相談から3ヶ月、旦那から離婚届を出され、署名しました。子供の親権の欄だけ未記入で、子供待ちです。

わたしは険悪ムードの家庭に子供を置くより、一刻も早く離婚したいものの、子供が納得せず。

わたしの中では希望通りの展開。なのになんだかんだで、2ヶ月そのまま。
その間、不倫相手とは偶然会ってはH→音信不通→連絡を繰り返しています。

旦那から離婚届を出される前、音信不通だった不倫相手から高級ホテルで一緒に肉を食べたいと。
OKすると、やはりホテルはダメなので、不倫相手の家でと、家でH。

でまた、しばらく音信不通を繰り返す最中、旦那からの離婚届。

しばらくして、突然夜中にわたしの家を訪問、玄関先でHして、明日ホテルで会いたいと。
当日ホテルに行くとジュニアスイート。

不倫ばれする前は、毎日のように安いラブホで、自分はデリヘル扱いかと、怒っていたわたし。
それなのに、いざ望みどおりセレブなホテルで高級に扱われたとたん、そんなにお金使わなくていいのにと思うわたし。
毎日会えなくなって、何だかんだで、毎日お金も時間もかけてくれてたんだなと気づいたわたし。

その後も、しばらく音信不通で、頭に来たわたしは文句&別れる。
するとようやく会うことに。今日Hなしで会いましたが、なんだかあんなに頭に来ていたのに、収まり、しばらく会わなくても大丈夫そうと思えたわたし。

不倫相手は責任は持てないけど、わたしが別れたら、自由になれるのにと。

わたしは自由になったら、別な好い人できるかもと。

でも、今は不倫相手が好きだなぁ。本当はわたしだけのものになって欲しいなぁと。
まずは、不倫相手とは関係なく、わたしが生理的に受け付けられない旦那と別れて、スッキリしたいです。

できれば旦那に好きな人ができて、親権はわたしに来て、円満離婚できたらいいのになぁ。

わたしは何をしたいの?→離婚したい、親権欲しい、子供と幸せに暮らしたい。不倫相手と幸せになりたい。都合よすぎるかな?

アドバイスをいてだいてから約半年。色々なことを見つめ直し、ドロドロしながら、少しずつ状況が変わっているわたしの近況報告でした。

ココロノマルシェご相談「離婚したい、親権欲しい、子供と幸せに暮らしたい。不倫相手と幸せになりたい。都合よすぎるかな?

※ココロノマルシェは「お弟子さん制度」卒業生からお答えする場です。場合によっては、後日、このお返事内容を消去とするかもしれませんのでご了承ください(そのときはごめんなさいね)。

—–

Rさん、こんにちは。近況のご報告ありがとうございます。

一度、ココロノマルシェでご相談いただいた後、ご自身でも動かれてみて状況が変わって来たとのこと。離婚届へ署名されたということで、また心のようすも変わりつつあるのではないでしょうか。

いろいろなことが心の内側にひしめきあっているときは、ひとつずつ。様子を確認していってみてはいかがでしょう。

もつれたように見えるものを分解してみる

離婚について気持ちを確認する

子どもが納得するまで離婚を待っていてくれるし、険悪ムードな家庭をみせないために離婚を選ぼうとしている。Rさんは「子どもさんのために」の視点も覚えていてくれるおかあさんで、素敵だと思います。

>  相談から3ヶ月、旦那から離婚届を出され、署名しました。子供の親権の欄だけ未記入で、子供待ちです。

今、まだ離婚届を役所へ提出できていない状態なのですね。そのことを、Rさんご自身はどう感じていらっしゃいますか。

離婚届を提出できていないということは、Rさんご自身が離婚できないし、離婚したくない気持ちの表れだとしたら? そこには、Rさんのどんな気持ちが隠れていると思いますか。

「目の前の出来事は自分自身が願ったから起きたことだ。すべては自作自演」として、出来事をとらえ直す手法があります。その手法は、起きているできごとを違う目線で眺めて、その解決の糸口を探り出すものです。

わたしにも離婚の経験があります。子どもはおらず夫婦二人だけだからすぐに離婚できるはずでしたが、成立まで半年かかりました 。これがわたしの自作自演だったとして。もし、あの時のわたしが離婚成立までの時間を長く持つことでメリットを感じていたとしたら? と振り返ってみました。

離婚成立までに半年の時間があったから、わたしは夫の親族や自分の親族への根回しと、転勤や転職準備をすることができました。年度の途中で名前を変えることなく、仕事をすることができました。離婚後の暮らしを整える準備期間となりました。

だから、わたしは離婚成立までに半年かかったことで都合が良かった。これは何年も経ってから、そういえばと思い当たったこと。離婚成立当時はまったく気づいていませんでした。Rさんご自身にも、もしかしたら、離婚しないことでのメリットがあって、心の奥で離婚のタイミングを計っているのかもしれません。

もし仮に。Rさんご自身が願ったために「離婚届が出せない(離婚できない)」という出来事が起きているのだとしたら、そこにはどんな気持ちがあるかと考えてみてはいかがでしょう。そうすることで、思いがけないご自身の気持ちが見つかるかもしれません。

子どもさんと向き合ってみる

>子供の親権の欄だけ未記入で、子供待ちです。

ここをみて、Rさんが子どもさんのことも大切に考えたい気持ちがこもっているように、わたしは感じました。

Rさんは子供さんと幸せに暮らしたいと考えているとのこと。子どもさんご自身は、どういった暮らしを幸せだといいますか。そのことについて、Rさんは子どもさんから聞いてみたことはありますか。

わたしは父と離れた4歳の頃、子どもだからわかるはずはないという理由で、周りの大人に向き合ってもらえないことを悲しく思っていました。何歳であってもひとりの人です。自分の意見や自分の気持ちを持っています。もし、幼いお子さんであっても、その意思や気持ちはひとりの人間として持っています。

ゆっくり、子どもさんと「幸せな暮らし」について話をする時間をとってみるのはいかがでしょうか。

子どもさんとおかあさんであるRさんとで、これからの幸せな暮らしについての話ができたなら。どのような選択が起きても子どもさんは安心できるのではないかと、わたしは思います。

不倫相手さんや旦那さんへの気持ちについて

そして、女性としてのRさん。かわいらしい方なのだろうなと推察してます。そして、自分自身に正直である方。そこが女性としての魅力なのだろうな。

> しばらく音信不通で、頭に来たわたしは文句&別れる。

それなのに、不倫相手さんとまた会うのは、なぜでしょうか。どういった気持ちになりたくて、Hをしたり不倫相手さんと会ったりしていますか。

気のせいかもしれないですが、本当に欲しいものを欲しいといえていないような、寂しげな印象を文章から受けました。Rさんが本当に欲しいと思っているものは、何でしょうか。

> わたしは自由になったら、別な好い人できるかもと。

Rさんは、どんな方が「好い人」ですか? どんな方と、どんな風に過ごしたいですか。具体的に想像してみてはいかがでしょう。

恋は落ちるもの。その理由なんてわからないかもしれません。けれど、自分の好みを知っておけば恋にも近づきやすくなります。

また、「生理的に受け付けられない」旦那さんも、一度は結婚を決心したのですから、どこか自分自身の好みにひかかった部分はあったはず。どこに魅かれていたのか見直してみてはどうでしょう。自分のなかに在る「嫌い」がわかると「好き」に近づきやすくなります。

Rさんが思う「幸せな暮らし」とは、どんな暮らし?

旦那さんも子どもさんも、不倫相手さんも。みんなRさんではありません。だから「都合よすぎ」でもいいではないですか。Rさんにとっての「幸せな暮らし」を想像してみてはいかがでしょう。

Rさんは、どんな幸せを手に入れたいと思っていますか? どうなればRさんは幸せを感じられるでしょう。幸せに暮らすRさんのある日の日常を想像してみてください。

朝、どんな部屋で目が覚めますか。
誰と、どこで暮らしていますか。
部屋の中の様子は、どんな感じ。
朝ごはんは何を食べている?

一緒に暮らしているのは、誰?

どんな服装をしていて、どこにでかけて、何を感じて笑っている?

子どもさんは、ご一緒に過ごしていますか。何をしていますか。

Rさんのパートナーさんは、どんな風に過ごしていますか。どう接してくれているでしょう。

「都合が良すぎるかな」とRさんが思う、それ以上に。幸せに暮らしているRさんの姿を想像してみてください。

想像のなかにある幸せなRさんの姿を見て、あったかい気持ちでいられるようなら、 そこにRさんの幸せの形のヒントがちりばめられています。

今のRさんができることから、その幸せな暮らしの中のことをひとつずつ日常に取り入れてみるのです。想像と実際は違います。だから、日常にとりいれてみて想像の「幸せ」と当てはまっているか、確認していくのです。そうしていくと、幸せな暮らしに近づいている実感を持ちやすくなります。心軽くいられる時間が増えてゆきます。

心が軽くなった時、自分を取り巻くものごとは動きます。身近にあった幸せにも気づきやすくなる。わたしは、そう思っています。

都合が良すぎるかな。とRさんご自身が止めている部分も開放して、より幸せな暮らしに近づきますよう願ってます。


▼ 「嫌い」がわかると「好き」が見えてくる

0
タイトルとURLをコピーしました