頑張るのをやめるのもいいんじゃない? 足し算より引き算を心がける。

自分が無理くり頑張ってるということ、なかなか気づかないもの。でも、何かの折に「や~めた!」て思うとき、それはもしかしたら、自分が無理していたものかもしれない。

友人のブログで、や〜めた、と思うの数だけ頑張ってる話を見た。そして、わたしも考えた。わたし、今、何をや~めたって言いたいだろう。

実家にかえって「おねえちゃん」やるの、や~めた!

食べたくない時に、おいしいもの食べるのもや~めた!

夫に付き合って、ごはん食べるのはや~めた! 食べたい時しか食べないよ。

無理に、勉強の本を読むこと、や~めた! 小説とか詩集とか写真集とか。コミックとか。気に入ったのしか読まない。

きっちりと。毎日、同じ時間に起きて朝ごはん作るのも、や~めた! 気が乗った時しか、朝ごはんは作らない。

ハグがないのを我慢するのもや~めた! 自分から夫さんにハグハグしにいってみる。嫌がられたって、なんのその。だって、わたしかわいんだから(ってことにして)ハグをしに突っ込んでみよう。

無理に身体によいものしか食べないのもや~めた! 食べたいものを、自分の思うままに食べてみる。だから、お酒も気分がのったら飲んでみる。

行かねばならない聖地巡りもや~めた! 見たい景色がある時に。見たい場所へ、行ってみる。気分が会う人としか、一緒に行かない、それもよし。

午後の宮島を海から眺める。光も海も、きらめいて。この先を明るく見せてくれる。

年末だし、これから新しい年を迎えるし。手帳を開いて、来年の抱負や今年の振り返りをしたくなる。「これから、やりたいこと」「行きたいところ」とか、今の自分に足し算するかを考えがち。

だから、あえて。これから「やりたくないこと」「もうやめること」。今ある自分から何を引き算するかを考える。

きっと、今は、頑張り過ぎなんだ。足し過ぎなんだ。

だから、あえての引き算。

なにをやめるか!

それを大切に、もう一度、来年をみつめてみよう。


▼ 来年はどんな年にしようか? かなえたいことをリストにしてみる

0
タイトルとURLをコピーしました