片づけられないわたしの机をかたづけるルール(反省を込めて)

片づけるのであれば、きちんときれいに片づけたい派である。でも、なかなか片付けに着手できない。

ちゃんと片付けよう。きちんとしまおう。ファイリングやらなきゃ。捨てると、どこにあったかわからなくなりそう、どうしよう。たくさん思い悩むうちに、メモや付箋やノートが机の上に積み重なってきていた。

全てをよけて、ひとおもいに片づける

机の上が乱雑になるかぎり、パソコンの前に座ってする書き物のおっくうになりがち。いい加減に片づけないと生産力がさがる。

ということで、机の上にあったもの全てを、床にほうりだした。机まわりだけをきれいにして、あとから紙をやっつける作戦だ。

机の上にのっていたすべてのものを、がさっと床におろす。適当に本棚へ差し込まれたノートや本も、一度本棚から出す(行儀よく並んでいる本は、そのまま)。からっぽにした机の上をきれいに拭いて、ついでにパソコンにつないであったモニターやキーボードたちも掃除。ほこりもさっぱり。

机の前に座ったら(ものを下ろした床は見えないので)とてもきれいに片付いたという達成感を味わう!

わたし、やればできるじゃん。
(床にものを移動しただけですが……)

きれいになった机の前でものを書き始まる。調子は少し戻ってきた。しめしめ。

けれど机の脇を見ると、本やノート、メモやレシート、ティーバッグの袋(なぜ?)などのごみっぽいものがミックスされて床に並ぶ。これだけのものを、机にのせたまま書いていたのだから、書けなくなってもしかたない。机の前に座りたくなくなるはずだ。

しょうがない。床に置いたものはかたづけよう。メモやノートなど、必要なものは本棚や机にしまって、要らないものは捨てていこう。行方不明になっていた領収書も、たぶん、この中にある。探そう。

大切なものは順位を決めて紙袋や箱のふたのお世話になる

毎回、その都度、物は片づけたほうがいい。そのことは知っている。

でも、片づけられない瞬間もあるのだ。あたまの中がぐるぐると考えや思い付きに支配されている時、片付けのことなんか覚えてられない。動きながらいろいろなことを始めてしまうのだから、仕方ない。

だから、せめて。絶対に必要なものをなくさないように、机の上の紙袋に刺してある。その次に必要なものは、紙袋の前の箱の中だ。適当な住所だけ決めておけば、無くなることはない。紙袋の中か箱の中を探せば出てくるから。

大切だと認定してあるもの(わたしの場合)

  • 紙袋その1:領収書関係、医療費のレシート。
  • 紙袋その2:覚えておきたい確認したいメモ(ネタ帳のようなもの)。
  • 箱のふた:他の人にもらったメッセージを書き留めたもの、私宛に届いて捨てないことにした手紙やはがき。

きれいを保つために花を飾ろう

でも、今回は散らかし過ぎた。箱のふたはあふれたし、紙袋はよくわからないことになっている。机の上は開けたノートとファイルで紙の層ができてしまった。反省。

せっかく掘り出した机。きれいを保つために、花を飾ろうか。

花を机の上に飾るのをやめたのは夏の暑さを避けるため。ということは、花がなくなってから机は少しずつ、紙の堆積物を増やしたとみえる。くわばらくわばら。

これから、床においたものを仕分けして、捨てていこう。燃えるゴミの日は月曜日。その前に週末はお弟子さん講座の2日間。月に一度、みなと顔を合わせてのカウンセラー修行な日がまたやってくる。


▼ 先月は胃腸炎になっていたけど、今回は快調。自分らしさを見失っていないはず、無理もしていないはず。マイペースでいけたわたしに、よしよしなでなで。

▼ 落ち着きがないのは途中でほかのものに心奪われるから。たのしいと思えるものがいろいろあって、いいね。それがわたしクオリティー

0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
場を整える
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました