部屋に季節を持ち込む

花屋の店先でひとめぼれだったミニブーケは、さくら色と水色がミックスされたもの。4月が終わろうとしている今の時期を表している気がして、部屋に置きたくなった。

ブーケのまわりはくるりと紙で巻かれてある。この紙は店先にミニブーケたちがならんであるときからついている。紙でまかれているおかげで、たくさんの花のならんでいる店先にあっても、周囲のたくさんの花とは別のかたまりですよ、とミニブーケは主張できている。そして、紙で花のまわりをくるりとまかれてあるから、ミニブーケをきれいに持ち帰ることができる。

家にもどって、花のまわりを巻いてある紙を切りひらく。まかれてあった紙が花を守ってくれていたから、人の多い電車で帰ってきても花はとりあえず無事。花をおさえていた紙をはずすと、ミニブーケはふわっとふくらむ。店先で見た時よりも量が増えた。今回の花たちは元気いっぱい。

ミニブーケで花を買ってきたときは、口が少し広いびんにそのままかざる。思っていたよりも量が増えた今回は、持ち帰った花をふたつに分けてガラスびんにいけた。

今回の花

桜の花さく季節から 青空とみどりがくっきりした季節へ

色のイメージは「八重桜のピンク色の花さく季節から 青空とみどりの濃くなる季節へ」。
4月の始まりには白にちかいピンクだった桜。だんだんと八重桜が咲くようになり、ピンクも濃く強くなってきた。若葉もずいぶん色づいて、みどりもたくさん。
5月頃になると青空がますます青く見え始める。みどりもどんどん濃く、つよくなっていく。

外で始まっているこれからの色の変化が、ぎゅっと花たちで集められたような花たち。ふたつに分けて入れたから、そのうち2か所に飾るのもいいかもしれない。

使われている花

水色の花はデルフィニウム。青系の色をしたこの花を見ると5月がちかくなってきたなと感じます。そして、青空を思い出させてくれるような色。そんな色の花が部屋にやってくると、朝からピクニックを思い出せて、ちょっと楽しい。せるピンクの花は……名前がわからない。スターチスのようにかさかさとした感触の花で、茎もしっかりとしている。

ピンクの花は……名前がわからない。スターチスのようにかさかさとした感触の花で、茎もしっかりとしている。気温が高くなっても、長持ちしてくれそうな花でした。今度買って帰るときは、お店の方に花の名前を聞いておこう。

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
場を整える
笑顔ではなうた

コメント

タイトルとURLをコピーしました