テーマを持って「今日」過ごすと、自分の時間をより濃く感じられる

今日は二十四節季の処暑となり、夏の盛りももう終わりとなる頃合い。

暑さが落ち着いてきたから、身体の維持に向けていたエネルギーにも余力が出て、自分の願いに意識を傾けられるようになってきた。

さて。自分はどんな願いを(望みを、ヴィジョンを)もっているだろう。
その願いに向けて近づいていってる日々を過ごしているかな。

時間そのものは目に見えないから、いつの間にか、ゆるっと流れ去る。いつもの「今日」が、いつもと同じようにやって来て。気づいたら一日が終わる。いつもの1週間を過ごして、気づいたら月末が来て、いつの間にか季節が変わっていく……ように感じられる。

だから、暦や満月/新月など天体のようすなどを利用して、自分へ意識を向けるきっかけにしてみようか。

自分へ意識を向けるとき。自分なりのテーマを持っておくとわかりやすい。

自分自身に意識を向ける問いを自分で思いつきづらいなら、マヤ暦※をつかってみるのはどうだろう。

※「マヤ暦」と呼ばれることが多いけど、「13の月の暦」という呼び名がその本質に近いと私は感じてる。

マヤ暦のおもしろいところは、毎月、過ごし方や意識の向け方のテーマがあるところ。そのテーマや日々のキーワードを参考にすると、「今日」を意識して過ごしやすくなるかもしれない。

例えば今日8/23は、マヤ暦でいうところの2月1日。ここから「私の挑戦は何か?」をテーマとする28日間がはじまる。ちなみにマヤ暦1月のテーマは「私の目標は何か?」。このテーマを過ごした28日間を終えてからの2月となる。

テーマを持って「今日」過ごすと、自分の時間をより濃く感じられる。

何を挑戦する? 何をやってみる?
挑戦したことによって、
どんな景色をみてみたい? どんな感じで過ごしていたい?

自分の時間をより濃く過ごすと、願いや望みがかないやすくなるんじゃないかとわたしは思ってる。

夕方、家への帰り道。川の近くで小さな影が。つーっと空を横切った。

よく見ようと、足を止めた。

やわらかな風が小さく吹いてきた。

そして、秋の気配。

それでは、またね
田村洋子でした

***

ニュースレターを受取る
自然体のじぶんをどう生きる? 「今」の流れをつかむには??
そのヒントにできそうな内容を月2~3回、レター配信しています

※個人セッションやプログラムの先行案内もレターから


田村 洋子

もっと自然体で、もっと自由に!たましいからの自分を発揮して生きるコーチング*じぶん研究家、お告げをしないお告げ師/マヤ暦「宇宙のリズム」講師/周波数調律家、呼吸と瞑想法
●見えないものを見える形に ◆笑顔ではなうた、おいしいごはん #じぶんを生きる 自然に生きる
・カウンセラー根本裕幸氏お弟子さん制度卒
・活動地は東京、時々大阪、時々山の中

follow Me
じぶんを生きる
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました