自分とは違う目線からのことばで、より立体的に知る

自分が説明したいと思っている内容を、他の方の目線で、他の方からの説明で理解しようと試みることは、新しい辞書をダウンロードして自分へインストールしていくのに似ている。

他の方の目線を知ることで、自分自身だけの目線では見えなかった世界をみつける可能性が拡がる。
個人セッションの場でお客さまへ伝える言葉のバリエーションも、もっと増えるし。より伝わりやすい言葉を選べるようになる。

「自分とは違う目線からのことば」で、自分が伝えたい内容を知ると、モノコトがより立体的に見え始まる。
(自分自身のことを直感派のカウンセラーやセラピストであると思っているなら、特に!
他の方の視点から使われる言葉を知っておくことが大切になるとわたしは感じている)

ということで、
今週末の日曜にある「マインドフルネス×セクシャリティ講座」のDAY1の座学、受講を決めました!
さっそく申し込んできて、うきうきと日曜が楽しみになってます。
(東京会場は今週末10/31だけれど、大阪会場は12/12なのでもう少し先。オンラインは前のめりに10/31で受けられる)

「直感」とか「感じる」を知りたいなら、今回の講座のDAY1だけでも受けてみると面白くなると思う。自分自身の説明の質も変わるような気がするし、理解の視点も増える。

はじめはそれほど興味をもっていなかった「マインドフルネス×セクシャリティ講座」 なのだけれど、今回の講師をしているジュンコさんとはなしをする機会があって、受けてみようかと思った。それは、講座の題名から想像していたのとDAY1での内容が違っていたから。

「心でも身体の感覚でも、両方で【感じる】」とか
「自然体を生きる」ことについて、
かちりと説明できそうな言葉や視線を、自分自身へインストール出来そうだと感じた。

そうと知ってから、大急ぎで日程調整。おかげさまで、受講申し込みできました。今週日曜が楽しみ。

(個人セッションやらお茶会やらの日程調整におつきあいくださったAさんCさん友人Tに心からの感謝を!おかげで会場受講の申込ができました。ありがとうございます。そして、もしこれ読んでいたら、オンラインもいいけど、一緒に会場で受けようよ?)

※料金や会場、お申込みについては、公式の案内記事より(東京会場での申込締切は、10/30土曜15時なので、お早めに)

さて、わたし自身。日常の発信や会話の中で「セクシャリティ」とか「マインドフルネス」といった言葉は使ってないのです。

「セクシャリティ」は生命力そのものを、ある一面からとらえて表現している単語ではあるのだけれど、使い勝手がわたしにとっては難しく感じる。
(感情を感じづらいと思っているわたしが使える単語だと思えないのが、一番の理由)

「マインドフルネス」は、きっちりと正当派のメソッドを表した単語にみえ、「瞑想は難しい」「特別で、誰かの誘導がないとできない」ような気分になる(らしい)。
(ごく普通の日常の中で、それぞれの人が意識せずしている動作の中にも「瞑想」があると、わたしは伝えたいから。ちょっと正統派っぽい感じに見える「マインドフルネス」という語を使わず説明したい)

なのだけれど!
講座の内容のどんなところに魅かれたのか、ちょいと語ってみる。もしよければ、おつきあいしていただきたい。(ぜひ、聞いて欲しい)

わたしは、直感トレーニングの1つとして瞑想を紹介したり、「自分とつながる」感覚を思い出すために「今のじぶんをみつめる時間(マインドフルネス)」を取り入れたりしている。
自分自身も瞑想やマインドフルネスに取り組んでいるし、お客様たちへも、そのように伝えることが多い。

自分の「本心」や「直観」とつながる
「直感」は、思考と感覚のどちらも使って育てる

でも、わたし自身の「瞑想」や「マインドフルネス」についての知識が偏ったものだとも感じている。

それは、わたし自身が小さい頃から日常でしてきた”おいのり”が「瞑想」と呼ばれるものだと知り、風習や祈りの形や仏教(禅宗)、仏教のはじまりについて勉強して、瞑想についての知識をつないでいったからだし。
大人になって精神科で治療を受ける機会があり、ストレス軽減の精神療法やセルフケアのひとつとして、マインドフルネスを学習し実践してきたからだ。

ヨガやインド哲学を入り口にして瞑想(マインドフルネス)を学んでいった吉田れんさんの目線に、わたしはとっても興味がある。

れんさんの視点は、おそらく正統派。(わたしは、そんな印象を持っている)

そして、れんさんの人柄。ストイックにモノコトを極めようとする人だから、資料も講座内容も正統派になるんじゃないかな。
説明も、感覚からだけでなく、思考からも理解しやすい。
身体を整えるヨガもされているから、感覚や体感があるのは大前提でことばを選んでくれる。

▶︎マインドフルネスの視点で見るセクシャリティとは
・自分の状態を知って、心と頭をつなげる
・すべてのものは陰と陽でできている
・エネルギーレベルで紐解く女性性と男性性
・あなたの女性性と男性性のバランスは!?

【DAY1はオンライン受講できます!】れん&ジュンコ:東京|10/31&11/23、大阪|12/12&1/9「マインドフルネス×セクシャリティ講座」開催します!.根本裕幸オフィシャルブログより

わたしとは違う目線からのことばで、陰陽やエネルギー的な感覚の説明をしてもらうことができる。それがたのしみなのです。

そして、人はエネルギーや直感といった四次元的な部分だけでは生きてゆけない。肉体を持ち、三次元の中でこの地上で生きている。

自分自身の魂まるごとで生きていきたいよね、もっと「じぶんを生きる」をやっていこうよ。といったおはなしをするときに、エネルギー的な感覚だけでなく、肉体もとおして現実を生きていきたい(というはなしは、よくしているかと思う)。

その内容を「セクシャリティ」という単語を使って説明してくれているのが、今回の講座のDAY1だと感じた。

▶︎セクシャルエネルギーへの理解を深める
・本当は、大きすぎて測れない生命力
・あなたは自分のセクシャルエネルギーを抑圧していませんか?
・男性性と女性性のエネルギー視点で考えるセクシャリティ

(略)

・頭、心、身体の分離がおきていませんか?
・あなたは全てを明け渡すことができていますか?
・身も心も委ねて、一体化した愛と繋がる世界へ

【DAY1はオンライン受講できます!】れん&ジュンコ:東京|10/31&11/23、大阪|12/12&1/9「マインドフルネス×セクシャリティ講座」開催します!.根本裕幸オフィシャルブログより

「セクシャリティ」という語で説明されているけれど、
これは確実に「じぶんを生きる」をどう表現するか。生命力についてのおはなしになっているようす。

自分自身を、どう感じ取るか。じぶんのままで、どう生きるか。

DAY1では、それを頭をとおして理解する。自分の内にある感覚を考えることで交通整理してくれるような内容になっていそう。

そんなこんなで、今週末の日曜に東京会場で。
「マインドフルネス×セクシャリティ講座」のDAY1 を受講してきます!!
(たのしみ~)

※料金や会場/オンライン、お申込みについては、公式の案内記事より
(申込締切は、10/30土曜15時なので、お早めに)

それでは、またね
お告げ師でカウンセラー 田村洋子でした

そして追伸。
あなた自身の特性にあわせて【感じる】を確認しながら、カスタムメイドの直感トレーニングを受けたい時はお知らせください。個人セッションの中で、一緒に見てゆきましょう……

わたし田村洋子の個人セッションを予約する
(お弟子仲間さんへは予約枠外でも、タイミングあえば個人セッションを受付してます。「当日おはなししたい内容」欄へ「弟子です」とかいてリクエストください。折り返しメールいれますね)


***
ニュースレターをお送りしています(メールアドレスをご登録下さい)
◆ニュースレターでは、もう少しマニアックにのびのび、発信中!
個人セッションの先行案内や長期プログラムのお知らせもレターから。

◆公式LINEでは、時節のメッセージや先行案内配信中!
気が向いた時、個別に返信届くことも?! お気軽に登録くださいね
友だち追加 または。ID @901ssmzdで検索。



タイトルとURLをコピーしました