今年もよろしくお願いします。正月に「からっぽ」の時間をもつ

今年がはじまった。令和ももう2年。あっというまにはじまりの年(元年)が終わってしまって驚く。

今年のはじまりだからと、今年やりたいことを書きだしてみようかと、ぼんやり考えていたらtwitterにながれてきた言葉にきゅんときた。

からっぽ。

いいね、からっぽ。わたしも、からっぽになってみる。そうしたら「はいってくる 全てのものが 新鮮で 生き生きしている」ことを実感できるかもしれない。

だから、これから三日くらいは。今年の目標や夢のことをなぞるのはやめてみよう。目の前に在ることを、感じ取って、ほかっとなるのをみつめてみよう。

何をやってみようか。からっぽになったわたしは、何をどうやって感じるだろう。

目標も断つ。情報も断つ。ただ、じぶんが興味を持ったものだけを、こそりと追いかけてみる。そして「知りたい」を増やさない。むしろ減らすよう心掛けてみる。

お昼寝してもいい、あそんでもいい、なんにもしなくてもいい。なんでもあり。

目標を立てるのは嫌いじゃない。嫌いじゃないけど、好きでもない。だから、淡々と。たのしそうなこと考えて、たのしくなる作業をして。気のおもむくままにすごしておきたい。

そして、目標立て始まる今の時期に「目標立てなくていいよ」と言われる安心。

……ということで「からっぽ」の時間をたのしみます。何があるかな、何がおきないかな。どうなるだろう。観察結果がたのしみです。

/*

やりたくないならやらなくていい。やりたくなるときが、きっと来る。そんな自分自身のことを信じて。今ここにあるものを感じ取る時間を、自分に渡す。自分を信じて、待つ。

心がやりたがるなら、ひとりでもやる。やりたくないなら、やらない。どちらにしても、じぶん次第。それでいい。

「わたしはわたしを信頼します。なにがあっても、なんとかなる。すべて、大きなものがたりのなかにある」

だから、からっぽの時間を自分に作ってものがたりの調整におまかせしよう。

*/

波立っていても影ができても。すばらしき景色がひろがる。うつくしいな。

今年がみなさまにも善き年でありますよう
今年もよろしくおねがいいたします

1+
タイトルとURLをコピーしました