絵本を読むように見上げる空

絵本を読むように、空を見上げている。見上げたその時々に違っている空のかたち、色。空気のにおい。自分の内にあるものと、ふと結びついておはなしになって浮かび上がる。

今日は、空を見上げたら竜がお散歩してた。

ふわりと上に駆け上がる竜のすがた

雲と雲の間に見える散歩中の竜は、飛行機雲がふくらんだもの。空気中の水分や風の具合がほどよくて、なにか生き物が動いているように見える。そんな理科的な事実を知っていたとしても、竜の散歩のほうが今の気分にしっくりと来る。

たぶん、久しぶりの空を飛んで竜は楽しかったの。

ふんふふふふ~ん、らららら~♪

しゅるりしゅるん、大きな雲の上は気持ちがいい。上に伸びてる雲の波を、時折ぱくりぱくりとつまみ食いしながら、雲と雲の間を行ったり来たり。

大きくて分厚い雲があるから、地上からは見えないだろうと油断して。はなうた混じりに空を散歩してた。

うっかり、人から見える場所に出てきてしまったから、慌てて隣の雲へと隠れる。

……そんなお話。

空を見上げるたびに、みえてくる景色は変わる。見上げた気持ちによって、見える絵が変わる。出てくるおはなしも変わる。空が絵本のおはなしだったら、こんな風なお話になるように思う。

夜、静かに月や星をながめる時間も楽しい。知識として知っている天体がデータのどおりに空にあることを確認できたら、人間の知りたい欲に嬉しくなる。光が散らばる黒い空間が美しくて、ほわっとため息が出る。

人と違った時間の長さにある惑星や宇宙のことを思うと、たくさんの妄想、たくさんのお話が浮かんできてにやにやしてくる。

疲れた時も、楽しい時も。空を見上げる。そして、そこにものがたりを感じる。だから、絵本を眺めるように空を見上げている。

空を見上げて気分転換。わたしのばあいは絵本を読むように気分転換。
あなたの気分転換は、どんな風ですか。

人の暮らしが透けて見える気がする、月
田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、鎌倉、京都、時々大阪。
心理学講師。エネルギーワーカー。
*より自然に「じぶんを生きる」ために、心と身体の【感じる】センサーをつなぐ個人セッション*暦や食や花で今のエネルギーを感じ、感じる身体をとおし魂を震わせて生きる*潜在意識を見える形にするカードつかい
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました