結婚にむけて、自分のことを知る(自己分析 結婚編)

某結婚相談所のチラシが、なぜか。
資料保管用のファイルに綴じられていた。2穴ファイルの穴が破れないようにセロテープ使って裏張りまでして、 それはもう。厳重に。

「なぜ、これを綴じた?」

まったく覚えがなく、ぱらりとめくると……チラシの裏にびちっと、鉛筆書きで結婚についての考察。えらく、まじめに自己分析にはげんだようだ。

結婚についての自己分析をした理由

結婚したい。わたしの結婚欲は、離婚の後のショックがとおりすぎた後、再びわいてきた。

結婚相談所に登録してみたり、ネット婚活に参加してメッセージのやり取りをしたり。結婚相談所主催の婚活パーティーに出てみたりした。でも、あまりぴんとこない。

ぴんと来ないのは、相手が微妙なのか? 自分が微妙なのか??
それとも、まだわたしが結婚したいと思ってない? 離婚を後悔してる??

考えれば考えただけ、わからなくなって。

これまでやっていた婚活を一度、ストップ。きれいにリセットして。他の結婚相談所に登録しよう。
結婚できてもできなくても、そこを最後にしようと思った。

結婚相談所への登録を最後にするなら、結婚についてしっかりと考えておきたい。次は、長く結婚して家族を作っていけたらいいな。
そう漠然と思っていた。 結婚について考えるけれど、結論めいたものは自分の中に出てきていなかった。

あるとき、 ご縁があって某結婚相談所のチラシをもらった。 思い立ったが吉日とばかりに、そのチラシを握りしめて、入会に関する説明会に参加した。その場で仮登録をして、説明会を後にした。

申し込んだけど、これでは前と同じだ。まだ結婚のこと、よくわからない。

項目ごとに考えた。自分にとっての結婚とは?

わたし、本当に結婚したい? 結婚できないから人に会いたくない?
 何を考えてるの、わたし??

はっきりさせたくて、結婚に関しての自己分析をしてみた。結婚について考えた。
頭でおもうだけでなく、紙に書いて。文字にしてずらっとながめてみよう。手近にあったチラシの裏に、ちまちまと自分を分析する言葉を書いていった。

「幸せな結婚」と自分が感じる暮らしをはっきりと持っておく。
自分が、何を楽しいと思っているのか。どんな価値観を持っているのか。自分自身が知っておくための自己分析。

そして、自分なりの「結婚条件」をみつけようとした。

= 結婚について考える 項目 =

  • わたしにとっての幸せな結婚とは
  • 結婚できない理由(自分が理由だと思っていること)
  • 結婚するには何を補えばいい?何が足りないと思ってる?
  • 自分の好きなこと
  • わたしが私と結婚したくない理由
  • わたしが私と結婚したい理由

今、その当時の自己分析を読んで思うこと

書いてある内容が、ちょっとおもしろい。10年以上前、そのメモを書いたときのじぶんと面談しているみたい。

わたしが私と結婚したくない理由は「感情のむらがあるから」。感情にむらがあるから、お互いにやりとりをするときに、困ったことが起こるのでは、と不安を持っていた。

そして、結婚するには「冷静に自分を見つめる目」が必要だと思っていた。

大丈夫。感情にむらがあると感じているなら、それは自分自身とおはなしできるようになればなんとかなる。未来のわたしは、感情のありかがわからないと戸惑ってるくらいだから。
感情あるのは、いいことよ。表現の方法を学べば、なんとかなるから。大丈夫。

そして、未来のわたしは じぶんを見つめようとする目は持つ努力をしているけれど、冷静かどうかはわからない。 それでも、寄り添いたい誰かと会えているよ。

自分を知る。自分の思いを知る。その大切さ

このときは、結婚についてのことだったけど。

じぶんが思っていること、自分が考えていること。じぶん自身のこと。
それらを自分なりに知っておくことは、とても大切なことだ。

そして、自分の快/不快を知っておくことも、大切。

自分がここちよいと思っているのかを知る。
自分が不安を覚えているのかを知る。
自分がなにを好きで、なにをやりたくないのかを知る。

そうすると、少しずつ。自分の向かってみたい方向が見えてくる。

そして、後日談

結婚のことをよくよく、考えて。
チラシの裏までびっちり書き出しながら考えて。
……わたし、結婚、無理だ。結婚できると思ってない。と知る。

結婚。いつかはしたいけど、まだ結婚できないや。しなくてもいいかな。

勢いで、申込書を書いてしまった某結婚相談所。なんだか、気分が落ち着かず。一度も活動しないまま、退会した。

結婚についての自己分析を見る限り、わたしは自分の感情やこころをわかりたいと願っていて。それと同じくらい(それ以上に?)周りの人たちの感情やこころをわかりたいと願ってる。

それなら、これから心理学の勉強をしてみよう。大好きな心理学ブログの著者さんがやってるセミナーに行ってみよう。話してみよう。

心理学を勉強し始めた理由のひとつが、チラシの裏に青いインクで残っていた。 チラシの裏、その隅っこに「1dayワークねもと」と 書いてあった。 少し、驚いた。

0
タイトルとURLをコピーしました