「ある」と知ればみえてくる

新緑が少しずつ濃くなって、樹がもりもり元気になっていく。

駅から帰る途中、反対から近づいてきた車を避けるため、道の脇に立ち止まった。
とおりにはみでている枝に小さな実がついていたことに気づいた。

桑の実だ。

まだ実は色づかず、先についているとげとげもまだとがっている。

ここに、桑の木があったのか。

主に、週末にはこの道を通っている。
冬は、庭先にあったスイセンの花がきれいだった。
春は、そのすぐとなりにある桜のはながきれいだった。
そして、春が夏に向かい……桑の実がなっているのをみつけた。

まだ、色づいておらず、全体的にみどり色をしている桑の実は、葉のみどりにまぎれて見えづらい。
でも、そこに桑の実があると知った。

「ある」と知る前は、立ち止まらないと見えなかった実。
「ある」と知ったら、歩きながらでも、桑の実の色のつき具合がみえるようになった。

実がついているのを見つけてから、その樹の前を通ることが楽しくなってきた。

きょうは、どれくらい色づいたかな。

樹の前をあるいて通り過ぎながら、桑の実の色をきょうも見る。

じぶんの中にある「これ普通でしょう」と思っていることは、じぶんでは当たり前すぎて、意識すらしていない。

そういうものも、一度、じぶんで「ある」とわかれば見えてくる。

「ある」とわかれば、じぶんの目の前に姿をあらわす。
姿をあらわせば、別の位置から見ることもできる。もしかしたら、触ってみることもできる。

「ある」と知れば、ぐんっと立体的にみえてくる。

みえれば、片づけることもできる。手放すこともできる。中におさまりよく置くこともできる。
動いても、ゆらいでも。なんとかなる。

そんな気がする。

田村 洋子

お告げ師でカウンセラー。活動地は東京、大阪、時々福岡。
心理学講師、セラピストのトレーナー。
*自分の形を自分で知り、自信を持って「じぶんを生きる」ための、心と身体感覚をつなぐ個人セッション*潜在意識を見える形にするカードつかい*食養生・動的瞑想をとおして身体から心に届けるケアを
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
・カウンセラー根本裕幸氏に師事。たむよう。

follow Me
日々のこと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました