誰かにむかって繰り返し伝えていることは、自分自身に伝えたいこと

目の前にいる人に向かって、自分が口にしている言葉をふりかえったとき。
似たようなことを繰り返しはなしている気がするときがある(目の前に居る人はかわるのに)。

繰り返し、似たことを話しているかもしれないと気づいたら、その言葉を自分自身にもかけてあげよう。自分のこころの奥底が自分に向けて発してるメッセージかもしれないから。

伝えたかった言葉を伝えられず残しているなら、今からでも伝えてみようか」と。彼女とはなしたカウンセリングの時間のあと。すぐメッセージを書きはじめた彼女の百面相をにこやかに見守っていた。

その時。ふと思い至る。あまりにも、何度も似たことを口にしている気がする。

「伝えたかった言葉があって、どうにも気になるならば。後になっていてもいいから、一度、言葉にしてみませんか」
「まず、伝えたかった自分の気持ちをそのまま。周りのことを気にせず、言葉にしてみませんか。実際に伝えるかどうかは、言葉にしてみた後で考えていいから……」

この言葉たち。
もしかしたら、今のわたしにむけて自分のこころの奥が、意識の表で気づいてほしくて口にのせている言葉かもしれない。と思いついたら、これまで口にしてきた言葉が、ブーメランのように自分に戻ってきた。自分自身にも突き刺さる言葉たちだわ、これ。

先日、友人を見送った時の光景が、ふと思い浮かんだ。

恥ずかし過ぎて、何も伝えず、顔も見ず。逃げるようにして背を向けて帰った。伝えたかったこと、気づいたこと、感じていたこと……何も言葉にしなかった気がする。友人に伝え損ねた言葉を気にしている自分の姿を思い出し、すっと、自分が「今」から消えた。

「洋子さんも、伝えたかった言葉を伝えられずに残してるんですか」と、手元のスマホ画面をのぞいていたはずの彼女の声で、我に返る。わたしは、にこやかに彼女を見守っていたつもりで、気づかないうちに意識を他所へとばしていたらしい。

「嬉しかったとありがとうを伝え損ねたかなって。わたしもちょっとだけ、もやもやしてたかも……」

目の前でLINEをひらいたままの彼女から励まされるように、わたしもLINEをひらく。そして、伝えられずに残していた言葉を伝えようと、画面に指をのせてみた。でも、すぐには言葉がみつからない。

言葉にしようとするたびに、これを伝えたら友人がどう思うかと思いすぎて、頭が止まる。それでも、今すぐ伝えるとだけ決め、「後で連絡入れるね」とだけ書いて送った。

彼にLINEを送り終えていた彼女と目があった。そして、笑う。
こんな風にあと出しじゃなくて、思ったり感じたりしたその時に。するっと言葉にできるようにこころがけよう。それが、次に会うときまでのふたりの宿題だね、とはなして別れた。

水面をみて、空を知る

誰かに伝えるために、繰り返して自分が口にしていたと気づけば、自分を振り返るきっかけができる。

繰り返し、外の誰かに伝えていたものは、自分自身に伝えたかったことば

「後出しでもいいから、自分のそのままの感情を言葉にしてみようよ」
こころ、します。

***

そして、そのあと。
通話ボタンを押してはなしてみたら、今すぐ伝えることを焦り過ぎて、ことばをみつけきらないまま、よけいに混乱した。言葉も気配もめちゃくちゃ。

完全に相手軸で言葉を探して、言葉に飾りが増える。今の自分がもってる不安や期待が言葉にのる。

「気づいてもらえて嬉しかった。わたしは元気でいて、また話しできる機会ができることを楽しみにしてる」と伝えたくてはなそうとしたつもりなのに、余分なことばが多くて、もしゃもしゃになる。

ことばにするときは、単語を少なく短くを意識するといい。余分な飾りことばが入りづらいから、コアにある感情を表現しやすくなる。
……そう知っているのに、自分の中で今と過去の気持ちが、からまりあって暴走する。

わたしも文字にして短く伝えた方が良かったかな。通話は、まだわたしには難しかった。

でも、声を聴いたことでほっとしたのも、事実だ。
友人の返答(?)は定型文だったかもしれないけど(いや、たぶん。返事のしようがない通話だった気もするが)、おはなしできたことでわたしの気分は一区切りついた。

次は、思いついたその時に。そのまま、口にするようこころする。
そうすれば、お互いの声でことばをやりとりできる。その時の温度が伝わる。


★カウンセリング

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

1+
タイトルとURLをコピーしました