自分の人生を生きる「日常」を

好きで読んでいるブログやサイトがいくつかある。ぱらっと隙間な時間ができたら、すぐ、のぞきに行く。

ブログやサイトを見に行く順序も時間も決めているわけではない。それなのに、いつも、その時々によいタイミングで記事が現れる。自分の知りたいこと、考えてみたいことの、はじまりになる言葉が目の前に現れる。

今日、読んだ中では「エンド・オブ・ライフ」(著:佐々涼子)の紹介記事でのことばに、ぐっときた。

この本は、看取りのエキスパートだった森山さん(主人公)が、がんを宣告されてから死に至る8か月のことを書きだしたノンフィクション。「主人公の心に深く刻まれたさまざまな人たちの「命の閉じ方」を物語の横糸として編みながら、過去と現在が行き交うように語られます」。

例年のことにはなるのだけれど、春先のわたしは調子がそれほど良くない。
躁うつや解離の症状が吹き出しやすくなり、じぶんの心を乗りこなすのに神経を使う。まるで、暴れ馬にでものっているみたい。気を緩めると、振り落とされてしまう。

だから、春は、はらはらどきどきと過ごす。新年度が始まる時期だから、環境もわかりやすい。緊張は、さらに増える。そんな状態で、読んだこの言葉にハッとした。

僕は僕自身であって、『がん患者』という名前の人間ではない。病気は僕の一部分でしかないのに、がんの治療にばかり目を向けていたら、がんのことばかりを気にする人生を送ることになってしまう。闘うのではない。根治を願うのでもない。無視するのでもない。がんに感謝しながら、普段はがんを忘れ、日常生活という、僕の『人生』を生きていきたいんです」

捨てる看護. ほぼ日の学校長だよりNo.120。(文中の太字は、わたしがつけた)

ここで言われているのは「がん患者」と「がん」のつきあいの話だけれど、わたしのことにもあてはまる。今のわたしなら、「がん患者」を「躁うつや解離の症状」に、「がん」を「躁うつ等の気持ちの揺れ」に読み替えるだろう。

他の悩みや問題について置き換えても、このことばは、かなり心に響いてくる。

わかりやすいように、該当する部分を「〇〇」として置き換えたり、一部の言葉を書き換えてみた。

今気にしている〇〇は、自分の一部分でしかないのに、〇〇にばかり目を向けていたら、〇〇のことばかりを気にする人生を送ることになってしまう。闘うのではない。根治を願うのでもない。無視するのでもない。〇〇に感謝しながら、普段は〇〇を忘れ、日常生活という、自分の『人生』を生きていきたい

一部分でしかない悩みや問題、それだけに目を向けていたら、日常が悩みや問題で埋もれてしまう。

それよりも、問題や悩みはまあ脇に置いといて、自分自身にとっての日常をどう生きようか。じぶんを生きることを考えてみようよ。

そんな励ましだったり、提案だったりする、言葉だった。

ほい!
わたしも、自分の心の不安定を嘆くのやめるわ。
何事もなく日常を過ごせている(心が不安定でない)時間も、当然、在るのだから。その「日常」をみつめて、わたしを生きよう。

わたしを生きる!

そう決めた時、
わたしはどうしたい?
 何をやろうか。
どんな気持ちで過ごしたい?
 そのために、どんな工夫して過ごしてみようか。

家にこもりがちになっている今、何ができるか。
どうすれば、ご機嫌な私を続けられるか

考えて、試して。
きょうも、あしたも。はなうた、歌って過ごせるように。

光あびて溶けていくように、自分の日常を取り戻す

⇒読みたいなと思った本「エンド・オブ・ライフ(著:佐々涼子)」、さっそく注文。宅配で本を注文できる、ありがたさ。嬉しいね。

⇒このブログ書くきっかけになった文章を読む

3+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました