来年にむけて。やってみようとしている自分の姿を自覚する-満月の夜に

満月の夜に空を見ていて、ふってきた言葉は「表と裏」。表と裏とは「どちらもある」といえるし「どちらもない」ともいえる。ふしぎな言葉。

表と裏。その不思議さ

表には裏が必ずひっついていて、表だけしかないこともなく、裏だけしかないこともない。表と裏と、どちらもがある。

人間にも、表と裏とがある。周りに見えている表のわたしと、自分だけの見ている裏のわたしと。

周りから見えていると思っているけれど、伝わっていなくて自分の内側にしかないものもある。
自分だけにしか見えていないと思っているけれど、周りに伝わり見てもらっているものもある。

どこからが表で、どこからが裏なのか。その境目はとってもあいまいになる。

表だけでいいや。裏だけでいいや。完全に分けてしまうとする。

そうすると、表の表と表の裏、裏の表と裏の裏ができて、結局のところ、表と裏とどちらも存在することになる。

だから、表も裏も。どちらも、そこにあるんだと受け入れる。そうしたら、どちらが表で、どちらが裏で。表も裏も、関係がなくなる。

自分自身に向かう「表と裏」

表があってもいい。裏があってもいい。

表も裏も。
見せてるものも見せたいものも。自分だけのものも周りにふともれてしまう気配も。
その全てが自分自身。

だから、自分でいるしかない。

今の自分が何を思っているかを感じ取るために思い出してみる。

思い出してみたいこと(ノートなどにメモして、自分自身の目に触れるとなおよし)

この数日のじぶんの感じたこと、思ったこと、やってみたこと。出会った人に受けた印象。自分のきいた言葉で印象的だったこと。自分が何度も周りに伝えていたと感じた言葉。

思い出したもの達は、今そのときの「わたし」を作っているものを自分で知るヒントになる。そのヒントも参考にしながら、この先の時間の中で会える「わたし自身」の形を思い浮かべる。

そのときの「わたし」はどんな形のじぶんだろう。どの形がわたし、そのものになるんだろう。

考えてみたいこと(ノートや手帳にメモして、自分自身の目で見て。お正月明けくらいまで何度か書きなおしたい)

来年、わたしはどんな人になっていて、何を周りと分け合ってるだろう。
来年、何をかなえたいと思って、どういったふうに行動するだろう。
誰に会っている? どこへ出かけている? 何を食べたかな? 何を感じてるだろう?

そこへ向かって進む、道の途中でいま、ぽつんと空を見上げているのが今。

まっくらで見えないような気がしていても、空にはまあるくおつきさま。天の窓から光は届いている。

ぽこっと力強く届く光
0
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
暦ごと
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました