感情にのまれそうなとき、絵本が先生。「おこりたくなったら、やってみて」シリーズ3冊

幼かった頃は、大人にみられたくて歳不相応に本を選んできたけれど、今になって子どもたちが読む本に夢中。

子どもにもわかりやすく書かれた本は、大人が読んでもおもしろい。感情が出づらい(と自分で思っている)わたしは、感情をたどりなおすために絵本を眺める。

感情が出づらいのは、分析癖がついているからなのか、思考ががんばり過ぎるくらい働いているからか。はたまた、解離の期間長くて感情回路がとぎれているからなのか。

今、感情を取り戻しつつはあるけれど、大きな部分ではまだ感情が足りないと思っている。もっと、何かの感情を持っているはずなのだけれどな。

もし私が感情を取り戻し、感情を表現するようになったなら、世界が終わる。周りを破壊しつくしてしまうような、不安定な表現しかできない。
……と信じてしまっているから、感情が心のおくにあると知っていても、なかなか表に出してこれないのかもしれない。

さて。そんな感情とのつきあい方が、かわいらしくわかる絵本があった。絵本ナビさんで知って、本屋にのぞきにいった。

おこりたくなったら。かなしくなったら。こわくなったら。
意識をどこに向けるのか。どんな風に息をするのか。何を思えばその中から抜け出せるのか。

かわいいイラストでばばーんと書かれてある。不思議と、そのやり方が記憶に残ってくれる。

「おこりたくなったら やってみて!」
「かなしくなったら やってみて!」
「こわくなったら やってみて!」

この3冊。オーレリー・シアン・ショウ・シーヌさんが描かれたらしい(垣内 磯子さんの訳) 。

ふわっとした怪獣が、なかなか。ぬいぐるみっぽいくせに、人間らしいかんじ。それもまた、ぐっとくる。

この本。友人宅の小学2年生の女の子にプレゼントした。そうしたら、すっかり内容を覚えたみたい。
今では、友人とはなしをしているときに、この前に怒ったことを聞いていたら、すすっと横に彼女が寄ってくる。そして、絵本に書いていた怒りの流し方、身体への意識の向け方を、横に来てはなしてくれる。すっかり、小学2年生の彼女が先生。

それくらい、ほんわりと。心にのこって、すてきな絵本。日常にも、お役に立つ本だと思っている。

もし。本屋で見かけたらのぞいてみて。お気に召したら、ぜひどうぞ。

まるっと、色とりどりで。絵本はながめてたのしい

直感的カウンセラー洋子

カウンセラーとしてご提供できること
 ネタまみれの人生から学んだ自分らしい自由を生きる、笑顔いっぱい罪悪感マニアなカウンセラー洋子です。プロフィールを読む【得意なジャンル】は、自分とつな... 
5+
田村 洋子

お告げ師*変わると決めたあなたの潜在意識をあなた自身で言葉にするカウンセリング。じぶんを生きる あなたのオリジナルな幸せ物語(ライフワーク・夢)を描く/エネルギーヒーリング。身体から心に届けるケアを。
◆見えないものを見える形に◆笑顔ではなうた、おいしいごはん
根本裕幸師匠の弟子2期生。野良猫気質な"じぶん探究家”

follow Me
笑顔ではなうた
タイトルとURLをコピーしました