喜びは分け合うと増える。こころをあたたかくする

友人の結婚祝いをかねて、久しぶりの友人たちと集まったら。
もひとりの友人のところでも嬉しい出来事がおきており……3人で「おめでとう」を言い合った。

「こんなことあったのよ(嬉しい)」と報告うけて、きゃぁっと喜ぶ嬉しさは。
嬉しさの波が、たぽんと広がっていくように。跳ね返ってまた次の波が来るように。
じわじわと増えていく嬉しさになる。

嬉しさがふくらんでいくようすを横で見て、自然と顔がにやけてくる。
わたしは、あなたの顔を見て喜ぶ。その、顔を見て友人が喜ぶ。友人を見て、あなたが喜ぶ。
3人が喜べば、その様子をみあって、3人がもっと嬉しくなる。楽しくなる。

—–

友人たちに会う前に、少し寄り道をして大好きな景色を見に行った。

行ったのは、鎌倉にある長谷寺。6月に行くのが好きだ。

アジサイの花をたくさん植えてあるお寺として有名な長谷寺は、JR鎌倉駅にある季節のスタンプ6月の絵柄にもなっている。

長谷寺のアジサイは6月なかば頃に見たい

今日は雨も降っていた。
「よっし!」
こっそり、ガッツポーズで喜んだ。

アジサイと雨。
6月の景色としてとっても好きな組み合わせ。

友人たちを祝う日に、大好きな風景を一番のぞましい状況でながめられる。
その 「よっし!」
ひとり、こっそりガッツポーズな喜びも、ひそやかで嬉しいものだ。

人がいないタイミングで撮れた 。水にぬれた像がやさしげ

友人たちの嬉しい話を聞いて一緒に喜んだ嬉しさは、「ひとりガッツポーズ」以上に嬉しかった。嬉しさ感じ方や続き方が、別のものだった。

ひとりで感じた嬉しさや喜びは、その時に。ぽこっと。吹き出すような感覚のもの。
喜びのスイッチが入って、ぴこんと感情の喜び目盛りがひとつ増えるような感覚。

友人たちと感じた嬉しさや喜びは、シャボン玉の液に息を吹き込んだときみたいに、小さな喜びや嬉しさがぽこぽことあわさる感覚。つぷつぷ、もこもこと膨れ上がっていくような嬉しさや喜びになる。
その喜びは、こころの奥の温度をじんわり、あたたかくする。

そのおかげで、あたたかな気持ちで一日を過ごすことができた。

おやつもあると、なお嬉し(笑)

楽しかった、ありがとう。
嬉しいおはなしを、たくさん、ありがとう。一緒に喜べたことがうれしかった。

喜びは分け合うと、こんなに増えるのか。
あったかな気持ちがこれほど続くのか。

明日も。きっと、いい日になる。ありがとう、ありがとう。

0
タイトルとURLをコピーしました