期待をもっていたことを忘れたら、ふと気づいた

こうなるといいな。と期待が大きくなってるとき。その期待にみあう大きさの「気づき」にやってきて欲しいと思ってしまう。

待ち望んでいた分だけ、どっかん!!と衝撃的に理解が進むんじゃないか。と思っていた。(使命にあこがれていたころも、その傾向が強かったけど……)

でも、違うんだね。

ほんとに、欲しかった「気づき」は、とても淡々と。びっくりするくらい、なんでもなく静かに。そっと、横に立っていた

それは、まるで幸せの青い鳥を探す、あの童話みたい。世界中を旅して青い鳥を探してみたら、すでに自分の部屋に青い鳥がいた。しかも、その青い鳥はわたしの肩に、ちょんとのっていた。

どおりで「青い鳥を探しているんです」と周りの人に、わたしが聞いたなら、不思議そうな顔をされるわけだ。

周りの人から見たならば「もう、肩の上に青い鳥をのせているのに、まだ探すんだ」てなるよな。

ほんとうは、肩にのせていると知っていたけど、青い鳥はもっときらきらしてるはず。と思って、違う形をみつけたくてそわそわしてただけだった。

ああ、そうか。そうなんだ。そうだったんだ。

自分の外側から内側へと吸いこまれるのではなく。自分の内側からほわっと香りたつように在る。すでに、自分の表面にまとわりついていたと知るだけだった。

キラキラしく華やかに、花火でも上がるみたいに「これだ!」みたいな気づきではなかった。

花火のように華やかにみつかるものだとおもっていたから、自分の内側のその奥から、ふわっと出ていたものを見て来なかった。あの、内側からふわっと出ていた香りのような気配が、探してきたアレだったことに、ふと気づく。

こうなって欲しい!!こうあって欲しい!!
期待に目がくらんで、薄くかすかにある気配を見て来なかった。見えてなかった。

ほんとうに「ふと」気づくのだ。

さあ、やるぞ。おはなしセッション(カウンセリング)、やっていくぞ!
そんな風にくっきりとした意志を持つでもなく。「お腹すいたね」ていうくらい、気軽にふわっと口からこぼれる。

「わたしはリーディングをするんだ」
特に力が入るわけでもなく口に出た。

……ということで、直感もつかいながらのカウンセリング(お告げ師のセッション)やっていくことへの、もだもだした不安はいったん解消。

ありがとうございます。これからもよろしくおねがいします。

心理学の勉強もし、不思議の勉強もし。よりいろいろな言葉を辞書としてとりいれながら、やってゆく。

これから、ひとつひとつ。答え合わせのような、パズルゲームをするような、たのしさをはめこんでいく。タイミングとご縁の重なったあなたと、一緒にやっていく。


★カウンセリング

セッションを予約する

-----

ご感想や励ましのメッセージをいただけると喜びます!

◆公式LINEで、先行案内やお得情報配信中!
お気軽に登録くださいね

ID @901ssmzdを検索していただくか、
友だち追加で!

4+
タイトルとURLをコピーしました