人魚姫みたい。と思えば敏感すぎる人(HSP)な自分のこと受け入れられるかも

HSP(Highly sensitive person。感受性高く敏感な人)という言葉。「敏感な人」「敏感過ぎる人」と訳されて耳にすることも増えた。これが、子どもさんになるならHSC( The Highly Sensitive Child 。感受性高く敏感な子ども、敏感過ぎる子ども)と言われる。

HSP(Highly sensitive person。感受性高く敏感な人)という語を初めて知ったのは、およそ10年前。自分がHSPであると診断を受けた時のこと。何度聞いても「エピス」と聞こえてビールを思い出してしまったのは、秘密だ。そして、英語を理解できない自分の脳みそにがっかりした記憶がある。

さておき。HSPさん、意外に多く存在している。
とある調査によると5人に1人がHSPであるらしい。それでも、過半数以上である8割の人は非HSPなわけで……。多数派にとっての常識が当てはまらなかったり、多数派のいう「普通」ができなかったり。そのことに苦しんでるHSPさんも多いと思われる(わたしも、しんどかった)。

(この記事は、HSPであることに引け目を感じたり、周りにうまくなじめない気がしたり、責められているように感じてしんどいと思っているHSPさんたちにむけて書きました。もしかすると、これを読んで気分がよくない方もいるかもしれない。そのときは、ごめんなさい)

世の中のルールや常識は多数派にそって、作られていることがほとんど。そうすると、世間の言う常識や普通に、HSPさんはなじみづらい場面も出てくる。だから、HSPさんが「みんな」と一緒に過ごすには、ちょっと工夫してみる必要が出てくる。

HSPさんと非HSPさんとがお互いに、それぞれ、ここちよい場所で大半のときを過ごし。ときおり、その世界が交わるくらいがちょうどいいのかもしれない、とも思っていた。

HSPさんと非HSPさんとの関係は、「水の中の生き物」と「陸上の生き物」みたい。

お互いに仲良くしたくても、基本の体構造が違うからルールを作らないと仲良くできない。水の中で暮らすのが普通の生き物と、陸上で暮らすのが普通である生き物。

ときどき、陸上から浦島太郎みたいな人が水の中に遊びに来てくれて。仲良くできる。めいっぱい歓迎する。

人魚姫みたいに陸へ遊びに行って、陸上の生き物と仲良くしてみる。陸上で歓迎される。

けれど、それぞれの基本とする暮らしは、水の中であり、陸上である。ずっと一緒は難しい。

それを知ったうえで、お互いに仲良く暮らすやり方を考える。寄り添える方法を考える。

そんな感じで、HSPさんも非HSPさんと仲良くしていけたらいいな、と。

だから、感受性高くて敏感だと言われるHSPさん。敏感過ぎるとか、考えすぎとか言われても、気にしなくていいよ。

だって、脳の構造がそうなってるんだからって開き直っちゃえ。

そのうえで。敏感過ぎる自分を守りながら、まわりの社会となじんでみよう? 工夫して、一緒に居られる時間を作ってみよう?

  • 自分だけで、ひとりで落ち着ける場所をもつ。
  • 10倍も100倍も強く、ものこと感じ取れるのだから。神経を休める工夫も大事。
     耳栓、アイマスクなどで、視覚聴覚をとじてあげる。そうすれば、頭が休まる。
  • 疲れたと感じたら、すぐ、休む。周りより、早めに休む。長めに休む。
     それくらいでちょうどいい。
  • 自分は自分、他人は他人。自分の感じているものの強度を自分で信じる。
     「おおげさな」といわれても、気にしない。だって、それくらい強く、自分は感じ取ってしまうのだから。しかたない。

……いろいろ工夫して、陸上に上がっても。HSPさんは人魚姫。脚ができて歩いていても、その足はナイフで刺されたみたいに痛みが出ることもある。

でも、HSPさんな人魚姫はいつでも水の中に戻れる。無理をせず、水に戻って。また元気になって陸上に上がりたくなったら、脚を生やして陸に上がればいい。

水の中と陸の上と、自由に行ったり来たり

よく本のタイトルで見かける「敏感過ぎる人」ということばは、多数派からHSPさんを見ての言葉。だって、HSPさんから見たなら、まわりが「鈍感すぎる人」だし「感じ取りづらい人」。

だから、「敏感過ぎる人」と言われても気にしない。多数派の視点から見たら、そう見えているだけ。

HSPさんどうしだったら、感受性高く敏感であることが「普通」でしょう?

何を基準にするかで、見え方なんかいくらでも変わるから。大丈夫。

そのうえで、自分がどれくらい「陸上の生き物たち(非HSPさんたち)」と混じりあいたいか考えてみよう。そのための工夫を取ってみれば、混じっていけるし、仲良くできる。

最近。HSPさん(敏感過ぎる人、感受性高く敏感さん)とおはなしする機会が重なっていて。

「おおげさすぎる。考えすぎる。そういわれてつらい」という話を聞いたから、書いてみました。

追伸。
HSPであることは、いいこともあります。いろいろな場面でお役に立ててますよ。しかも、わたしは親や周りの顔色をうかがう癖もあったし。他人軸なよい子が長かった。

だから、人のようすをうかがう精度はばつぐん。会社勤めのときもカウンセラーになってからも、ずいぶんとHSPや他人軸やよい子な自分に助けられている。

なるようになる!! なるようにする!!!

そう思っていけば、なんでもあり。だから、敏感過ぎるといわれていても大丈夫。いろんなやり方考えていきましょう。そういうことを書いてくれている本もあるから、自分にあうやりかた探していけばいい。

もし、自分では無理ってときは一緒に探すのお手伝いしますね。

以上、感受性高めの人(HSP)な当事者。カウンセラー洋子でした。

3月のカウンセリング枠、2枠、ご予約できます。
3/24火曜 10時~、20時~


個人的おすすめ本2冊。

>> 周りにあわせすぎて。自分へのダメ出し強い時に自分をゆっくり確認していく本(タイトルに7日間でとあるけれど、ゆっくりじっくり取り組むと実感持ちやすい)。>>「敏感過ぎるあなたが7日間で自己肯定感を上げる方法」著:根本裕幸

>> 日々の過ごし方についてのヒントが詰まっている本。>>「「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本」著:武田友紀。

3+
タイトルとURLをコピーしました